• twitter
  • instagram

JHT カメラオープナー

3,960

+ −

かごに入れる 商品についての問い合わせ                  お気に入りに追加

商品詳細

※在庫は新潟店です。お電話は025-284-4536へどうぞ! 

レンズリングを外す工具です。
アジャスト幅は12ミリから60ミリ。
時計オープナー用のビット(別売¥1500)との交換で、
ねじ込み式裏蓋を開ける時計用工具として使用できます。
標準ビット2本付属。




                                         
別売ロングビット60LL



カメラオープナーはレンズリング(レンズ押さえ輪)を外す工具です。
付属ビットをプラスドライバーで取り付けます。


上の写真の赤丸部のようなカニ目
(カニの目のような形をした溝)を見つけます。
 


真ん中のネジで幅を調整し先端を溝にはめ、
押し:廻し=7:3の力でゆっくり廻します。


少し動いたらカメラオープナーの使用を止め、
片方の溝にドライバーなどを当て傷をつけないように廻し、取り外します。
 


レンズリングとカバーが外れました。
(カメラオープナーの調整幅は12〜65ミリです。)
 


上の写真のように、カニ目が内側の深い部分にある場合は、
ロングビット60LL(別売)を使用します。


付属ビットと同様に、
ドライバーでロングビット60LLを取り付けゆっくり廻します。
 


レンズが取れました。
廻りにくい場合は油やアルコールなどで前処理を行った後、
工具を使用してください。


尖った先端でレンズリングの溝にはまらない場合は、
逆側のマイナス部を使用します。


カメラにより切り欠きの厚みはさまざまですので、
対象に合わせグラインダーやヤスリなどで研磨します。


加工したマイナス部を切り欠き溝にあて、前出同様ゆっくり廻します。
       
※在庫は新潟店です。お電話は025-284-4536へどうぞ!

▲Page Top