• twitter
  • instagram

新品 キヤノン スピードライト EL-5

59,400

+ −

かごに入れる 商品についての問い合わせ                  お気に入りに追加

商品詳細


 

★下取り交換をご希望の方には、
 「梱包楽楽キット」も無料でお送りします。
 お申し込みは以下のURLからどうぞ!!

https://ssl.takanashicamera.com/rakuraku/index.html


 
EL-1の基本性能を継承し小型化を実現

マルチアクセサリーシューに初めて対応した次世代モデル。

 

スピードライト EL-5は、システム拡張が可能な次世代インターフェース、マルチアクセサリーシュー搭載機種と高度に連携。とくにEOS R6 Mark II、EOS R8、EOS R50と接続時にはキヤノン製スピードライト初搭載となる数多くの連動機能を実現しています。
 

  • ※旧アクセサリーシューを搭載したカメラ(EOS R5、EOS R6、EOS R、EOS RP、EOS-1D X Mark III、EOS 5D Mark IVなど)には対応していません。
  • ※対応機種と組み合わせてスピードライト EL-5を使用する場合は、2023年3月公開予定のカメラ側のファームアップが必要です。
  • ※スピードライト EL-5は外部電源やカメラからの給電はできません。

 
ガイドナンバーはシリーズ最大※1の60※2。照射角24〜200mmをカバー
 

スピードライト EL-1と同様、キヤノン製スピードライトシリーズ最大※1のガイドナンバー60※2を実現。照射角は、広角側がワイドパネルなしで24mm、望遠側が200mm(35mm判換算)までカバー。ワイドパネル使用時は、焦点距離14mmにも対応。超広角レンズでも、画面の広範囲に投光します。
 

  • ※1キヤノン製スピードライトELシリーズにおいて。
  • ※2ISO100、照射角200mm時。

 

微小発光の下限を拡大。最小1/1024で光を繊細にコントロール


光量制御精度の向上を図り、下限領域での微小発光を実現。マニュアル発光の設定範囲は、スピードライト 600EX II-RTの1/1〜1/128から1/1〜1/1024に拡がり、高感度撮影の使用領域の拡大を実現しています。至近距離のストロボ撮影や手持ちの夜間ポートレートなど、さまざまな状況で光を繊細にコントロールすることが可能です。

 

高効率な充電回路を採用。約1.2秒の高速チャージを実現

 

大電流の放電が可能な充電式リチウムイオンバッテリー LP-ELを採用。スピードライト EL-1と同等の高効率な充電回路と併用することにより、スピードライト 600EX II-RTよりチャージ時間を短縮。約1.2秒の高速チャージを実現しました。動く被写体に発光し続けるため、待機時間によって撮れなかったシャッターチャンスを逃すことなく撮影することができます。
 

  • ※新品・フル充電のLP-EL使用時。当社測定基準による
 
 

動く被写体を発光しながら撮影。連続発光回数約95回以上

 

新たな放熱構造の採用により、約95回以上の連続フル発光が可能。高速チャージとの連携で、動き続ける被写体を発光しながら確実に撮り続けます。シャッターチャンスを逃せないウェディング撮影、報道現場の撮影でも短い発光間隔で、安定した連続発光が可能です。
 

  • ※照射角35mm、レベル2の発光制限までの連続フル発光可能回数。新品・フル充電のLP-EL使用時。マニュアル発光時、当社測定基準による。
 

ストレスなく長時間撮影。大容量リチウムイオンバッテリー

 

スピードライト EL-5は、長時間の大量ショットが可能な充電式リチウムイオン電池を採用。これまで最大12本の乾電池の入れ替えが必要だった電池交換が、バッテリー1本のワンタッチ交換に。しかも、冷却ファンのない構造を採用し、電力を発光だけに使用するので、スピードライト EL-1の約335回を超える約350回※1の発光回数を実現しています。
 

  • ※1新品・フル充電のLP-EL使用時。当社試験基準による。
  • ※スピードライト EL-5は単3形アルカリ乾電池やニッケル水素電池は使用できません。また、外部電源やカメラからの給電はできません。
 

バッテリー残量を常時表示


詳細情報(Battery info.)画面で、バッテリー残量の%表示、発光回数、劣化度の確認が可能。バッテリー交換のタイミングを予測しながら撮影できます。

 

日中でも、絞りを開放にしてボケ味を楽しむハイスピードシンクロ


カメラの同調速度を超えたシャッタースピードで発光を可能にする、ハイスピードシンクロ。通常のストロボ撮影では使えない高速シャッターが使えるので、日中の屋外でも、絞りを開いて背景を思いきりぼかすことができます。


 

●仕様
 
型式         クリップオンタイプ
           E-TTL II/E-TTL自動調光ストロボ

 
対応カメラ                      マルチアクセサリ―シューを搭載し、かつカメラのファームウェアがスピードライトEL-5に対応したEOSシリーズ


ガイドナンバー(約) 60(照射角200mm設定時、ISO100・m)
 
照射角        レンズ焦点距離24〜200mm(ワイドパネル使用時14mm)の撮影画角に対応
           ・自動設定(撮影画角と画面サイズに応じて照射角を自動設定)
            ・手動設定


 
本体電源        バッテリーパック LP-EL
            ※ 単3形アルカリ乾電池/ニッケル水素電池使用不可


 
バウンス        上:120°、下:7°、左/右:180°
閃光時間        通常発光時
            1/1発光:約1/710秒 
            1/2発光:約1/1310秒
            1/4発光:約1/2610秒 
            1/8発光:約1/4890秒 
            1/16発光:約1/7990秒
            1/32発光:約1/13250秒
            1/64発光:約1/18640秒
            1/128発光:約1/23650秒
            1/256発光:約1/29050秒
            1/512発光:約1/35330秒
            1/1024発光:約1/46290秒

発光間隔(充電時間)       通常発光:約0.1〜1.2秒、クイック発光:約0.1〜1.0秒、発光回数:約350〜2450回
※ 当社試験基準による

 
調光連動範囲      通常発光:約0.5〜30.5m
(50mm F1.4レンズ      クイック発光:約0.5〜18.6m
使用時・ISO100)     ハイスピードシンクロ:約0.5m〜13.7m(1/250秒時)

AF補助光 有効距離            中央:約0.6〜10m

 
電波通信ワイヤレス機能 周波数    2405MHz〜2475MHz
 
電波通信ワイヤレス機能 グループ      最大5グループ(A、B、C、D、E)
                                                             ※ センダーはグループAに設定される


 
通信可能距離                  約30m
                                     ※ センダー〜レシーバー間に障害物、遮蔽物がなく、他の機器との電波干渉がない場合
                                     ※ 配置条件や周囲の環境、気象条件などにより、通信可能距離が短くなることがある

 
発光回数                         約350〜2450回
                                        ※ フル充電のバッテリーパック LP-EL使用時


 
大きさ                         約80.2(幅)× 139.9(高さ)× 123.3(奥行)mm

 
質量                           約491g(ストロボ本体のみ)
使用可能温度            0℃〜+45℃
 
使用可能湿度           85%以下

 
付属品                     ケース
                                ミニスタンド
                                バッテリーパック  
                                取り付け脚カバー付き



            





 

 

▲Page Top