• twitter
  • instagram

TECHART TZM-01(ライカMマウントレンズ → ニコンZマウント)電子アダプター

43,200

+ −

かごに入れる 商品についての問い合わせ                  お気に入りに追加

商品詳細

TECHART(テックアート)TZM-01は、ライカMマウントレンズをニコンZシリーズのミラーレスカメラに取り付けるために開発された、小型AFユニット搭載の電子マウントアダプターです。
付属のUSB DOCKからPCに接続することで、ファームウェアのアップデートが可能です。



特徴

ライカMマウントのMFレンズでAF撮影が可能
TECHARTが開発した高性能駆動用モーター搭載、より高速なAFと小型化を実現
AF-S、AF-C、AF-Fに対応
動画AFに対応
「顔検出」「瞳AF」に対応
ボディ内手ブレ補正機構に対応
最短撮影距離を短縮(繰り出し量:4.5mm)
レンズの焦点距離(16種)、露出などの情報をExifデータに記録可能
PC端末とのUSB接続で、ファームウェアのアップデートが可能
他社のMマウントボディ用アダプターを組み合わせることで、M42・ニコンF・ヤシカコンタックスなどのMFレンズをAF化可能



ご使用前に

シャッターボタンを半押しした後に絞りを調整する場合、
適切な露出を得るためMENUから「シャッターボタンAEロック」を「しない」に設定してください。



レンズの焦点距離を設定

ボディ内手ブレ補正機構を適切に動作させるには、装着したレンズの焦点距離に合わせて、
カメラボディのF値を設定する必要があります。
(例:35mmレンズを使用時、カメラ本体側の絞り値をF2.2に設定し撮影します。)


絞り値:焦点距離データ(mm)     F1.0:135mm     F1.1:90mm     F1.2:85mm     F1.4:75mm     
F1.6:55mm     F1.8:50mm     F2.0:40mm     F2.2:35mm     F2.5:28mm   
 F2.8:25mm     F3.2:24mm     F3.5:21mm     F4.0:20mm     F4.5:18mm   
 F5.0:16mm     F5.6:15mm




起動時の動作を設定

起動時の動作を設定します。撮影したいものが決まっているときに便利な機能です。

[ 設定方法 ]
(1)カメラ本体の絞り値を下記表のF値に設定
(2)シャッターを切る
(3)電源をオフ
(4)再度電源をオン

設定するF値               動作
  F6.3     電源をオンにした時、マウント面は最後に撮影した位置で起動します。
  F7.1     電源をオンにした時、マウント面は繰り出ていない状態で起動します。



他のマウント変換アダプターと併用可能

TZM-01は、他のマウント変換アダプターとの組み合わせにより、装着できるレンズの幅が広がります。
お手持ちのレンズ資産をぜひ活かしてください。



仕様
型番     TZM-01
対応レンズマウント     ライカM
対応カメラマウント     ニコンZ

※本製品はニコンのZシリーズ Z 9、Z 7II、Z 6II、Z 7、Z 6、Z 5、Z 50、Z fcなどに対応しております。
※今後リリースされる新機種やカメラのファームウェア更新でアダプターが正常に動作しない場合は、本製品のファームウェアの更新をお待ちください。



備考     

本製品を使用する場合、撮影モード設定はA(絞り優先)モードまたはM(マニュアル)モードで撮影してください。

合焦速度や精度、また、動画撮影のAF対応などは、カメラ・レンズとの相性に依存します。
必ずしもすべての性能を保証するものではありません。

オートフォーカスで使用する場合、ピントが甘くなることがあります。
ピントが合わせにくいときは、カメラのAFエリアモードをシングルポイントAFに設定し、
中央のフォーカスポイントで合わせるか、マニュアルフォーカスでピント合わせを行い撮影してください。

AFエリアモード「ピンポイントAF」に対応していません。



注意事項     

レンズメーカーの違いにより、レンズの装着感(固い、緩い、若干のあそび等)が異なる場合があります。

すべての互換レンズの取り付け、または すべての撮影機能の動作を保証するものではありません。

重量500gを超えるレンズに使用する場合、動作が不安定になったり、駆動しない場合があります。

本製品をカメラに装着している時は カメラの電源がオフであっても常にカメラ本体のバッテリーを消耗しています。
撮影時以外は(保管、長時間の持ち運びなど)本製品をレンズやカメラ本体から取り外すことをおすすめいたします。

CPU信号接点、レンズ信号接点は汚さないようにご注意ください。

マウントアダプターを水にぬらすと、部品がサビつくなどして故障の原因になりますのでご注意ください。

高温になる場所に置かないでください。極端に温度が高い環境では、変形のおそれがあります。

生産ロットによりデザインが写真と若干異なる場合があります。









 

▲Page Top